外国人と付き合う方法

中学から通学に一時間半くらいかけて都心の私立に通っていた。毎日ギュウギュウになりながら東横線にのって、通う。東横線は学校も多いので学生がたくさん乗っていて女子校に通っていた私たちにとっては恋愛のチャンスだった。同じ学年の友達数人と待ち合わせをして学校にいっていて、かっこいい男の子がいるといつもキャーキャー言って興奮していた。毎日同じ時間の同じ車両の同じドアに乗っていて、かっこいい男の子二人組と一緒になるようになった。毎日、その男の子と目があって、その度にドキドキしていた。男の子と話した事もないし、恋愛なんてした事ないし、どうやったらその男の子と仲良くなれるのか想像もつかなかった。流行っていたマンガの中で、友達が本人の気持ちを手紙に書いて『私の友達があなたの事が大好きなんです』って伝える方法が描いてあって、それをマネする事になった。マンガでは、本人には秘密で友達が画策してくれるんだけど、私たちはなんて手紙に書くか本人(私)を含めて相談して、本人には内緒って嘘まで書いて手紙を渡す事になった。まんまと彼は嘘の手紙に騙されて、僕も気になっていて仲良くなりたかったって内容のお返事をくれた。その男の子と途中まで一緒に通学するようになったんだけど、見た目だけで好きになった者同士、会話も弾まずに二、三回デートしたらだんだん疲れてきてしまって、会わなくなってしまった。