外国人と付き合う方法

人は恋愛し始めると、だれかに言いたくなってしょうがないらしい。
会社の女の子達もおばさん達も、恋人ができると『聞いて!恋人ができたの!』ではなく、会話の中に『カレシも言ってたぁー』とか『カレシの会社だー』とかさりげなくカレシが出来たことを入れてきて、カレシが出来たの?と聞いてほしそうにしてる。
なんで素直に『恋愛って楽しい!』とか『好きな人ができたの!』とか言えないのかな。
意地悪な私は会話にいままで出て来なかったカレシの話が混ざっても絶対に『カレシが出来たの?』とは聞いてあげない。
自慢や嬉しい話を素直に出来ないオンナは好きじゃない。
今日もついこの前まで『男なんていらない!』『恋愛なんてめんどくさい!』と豪語していた人が会話の途中で年末は彼氏に会いに行くからさーと話してきた。前後の会話から、カレシは外国人で、会いに行くのはどうやら海外らしい。
そんなに外国人のカレシが出来て嬉しいなら、そう素直に言えばいいのに。
やっぱり今日も意地悪な私は何ジンなの?どこの国に会いに行くの?とは聞いてあげなかった。

 

本当にみんな素直じゃない。

 

私はあんな風になりたくない。嬉しい事や聞いて欲しい自慢できることがあったら素直にそう言うように気をつけている。
女子校育ちで、女の恐さを知ってるからイヤミな自慢だけはしたくない。